環境を整えて不眠を改善させる

006

不眠で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。

私の場合は、寝つきが悪い、物音などですぐに目が覚めてしまう、朝起きると疲れがとれていない感じがするなどの症状に悩まされていて、これはなんとかしなければならないと思い不眠を改善させるための工夫をいろいろと試してみました。

私が行った対策は、早めに就寝の準備をすること、リラックスモードを高めること、寝室の環境を整えること、耳栓やアイマスクを使用することなどです。

私は入浴後にマッサージやストレッチや体操を行う習慣があるのですが、これを逆算して寝る2時間前くらいに行うという方法を取り入れました。入浴をしたり体を動かすことで上がった体温が2時間後に下がり、その下がったときが安眠のための就寝のベストタイミングとなるからです。

寝室は、室温の調節をしたり加湿器で乾燥を防いだりして就寝に適した環境を整えるようにしました。

アロマオイルの香りや好きな音楽などでリラックスモードを高めたりもしました。そして、外的な情報をシャットアウトするために耳栓とアイマスクをしてみたところ、これが大正解でした。

今まで夜中に何度も目が覚めていたのに朝まで全く目を覚ますことなく熟睡することができました。起床時も目覚めがよくしっかりと睡眠をとったという充実感を得ることもできました。

睡眠には成長ホルモンを分泌して美肌をつくる効果や自律神経を整えてストレスを軽減させる効果や脳の機能をアップさせる効果などがあるので、これからも睡眠に対する意識を高く持って安眠対策を行っていこうと思います。