私は精神をリラックスさせるためにCDを聞きます

005

私は、ストレスが溜まると、不眠になる体質です。不眠になったとしても、毎日仕事場には通う必要があるので、改善する方法をいくつか試しています。効果がある方法もありますので、症状に悩まれている方は、一度試してみてください。
私の場合、不眠に陥るサイクルとして、仕事場、あるいは家族の事など、解決が中々できない問題を抱えると、それがストレスになって眠れなくなります。

 

多分、解決できない状態が苦しく、その先を見た時に、不安要素になってしまうのだと思います。そのため、ストレス軽減という意味でも、精神的にリラックスするのが、不眠改善方法になります。
具体的には、夜寝る前(直前は避けます)、特定のアーティストのCDをかけます。(大音量はダメです。気持ちが高まってしまいます。)アーティストに拘りがある訳ではなく、私が伝えたいのは、聞くCDの内容、曲が、包み込まれる様なものがいいと思います。

参考:幸せになる「セロトニン」の口コミ

続きを読む

環境を整えて不眠を改善させる

006

不眠で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。

私の場合は、寝つきが悪い、物音などですぐに目が覚めてしまう、朝起きると疲れがとれていない感じがするなどの症状に悩まされていて、これはなんとかしなければならないと思い不眠を改善させるための工夫をいろいろと試してみました。

私が行った対策は、早めに就寝の準備をすること、リラックスモードを高めること、寝室の環境を整えること、耳栓やアイマスクを使用することなどです。

私は入浴後にマッサージやストレッチや体操を行う習慣があるのですが、これを逆算して寝る2時間前くらいに行うという方法を取り入れました。入浴をしたり体を動かすことで上がった体温が2時間後に下がり、その下がったときが安眠のための就寝のベストタイミングとなるからです。

続きを読む

不眠改善の方法として、からだを温めるやり方をしています

003

眠れない夜というのは、次の日の事を考えて、尚更眠りが取れなくなってしまう事があります。私が不眠を改善する方法は、からだを温めるやり方として行っています。

まず一つには、夜寝る前に、甘めのホットミルクを飲みます。からだを温めるという効果もありますし、お砂糖を入れて甘めに作るので、寝る前でも摂取がし易くなります。

そして、私が感じるのは、ホットミルクだと気持ちが安らぐ感じがします。そして、冬などの場合には、布団を電気毛布などで温めておくと、眠り易くなります。

やはり、からだが冷えなどを感じた状態だと、寒さのせいで目が冴えてしまう感じがします。寒さの方に、神経が敏感に感じてしまうという事でもあります。

そのために、からだをホットミルクで温めて、その温かさを持続させるために、電気毛布などを利用します。

続きを読む

眠れなくなったらとにかくリラックスすることが必要

008

夜布団に入っても眠れないと本当に辛いですよね。布団の中でゴロゴロと動いているうちにだんだん鳥の声が聞こえてきて夜が明けてしまいます。

夜が明けると焦ってさらに眠れなくなって、結果一睡もできなかったこともあるんです。健康と美容を保つためには不眠は改善しておきたいですよね。

今は毎日ぐっすり眠れるようになっていますが、一時期は不眠で本当に大変だったんですよ。私が不眠になったのはストレスが一番の原因です。

仕事が忙しくて毎日時間に追われていて気持ちがずっと落ち着かず、家に帰ってからも頭の中でずっと次の日にやることばかり考えちゃていたんです。

そうしたら家にいても落ち着かなくなってしまい、夜になっても目が覚めて寝れなくなってしまったんです。眠れないと次の日も辛くて仕事中ぼんやりしてうとうとしてしまいます。

続きを読む

不眠に効果的なサプリメントを愛用

001

学生ですが、就職活動がスタートしたこともあって不眠になりやすかったです。不安な気持ちも少なくなかったですが、そのせいで夜も寝付けなかったです。

来年から社会に出る予定でいることもあり、睡眠不足も気になっていたところです。できれば、自然な形で深い眠りにつきたかったですが、寝不足も解消したかったです。

そのため、不眠に効果があると評判だったサプリメントを通販で買い求めましたが、すぐに効き目が出たのはすごかったです。友達に紹介してもらったのがきっかけですが、成分などにこだわっているほかにも値段の安さも気に入ったからです。

睡眠成分を厳選して凝縮<潤睡ハーブ>不眠症サプリメントのおすすめ

そのおかげで夜も熟睡できる日が多くなってきましたが、リラックスした状態で寝付けるのはありがたかったです。朝の目覚めもよくなってきたりと不眠も改善されてきましたが、日中も眠くなることが少なくなってきたのは嬉しかったです。

続きを読む